スト−ム 攻略

5月22日更新



地上:6 空中:6 エリアル:6

エリアル始動技:立ち強K、大足(立ちガ−ド可)、しゃがみ大P

空中8方向ダッシュ可能

Vカウン:ライトニングアタック
Vコンビ:ライトニングスト−ム



スト−ム必殺技

ワールウインド(236P) 空中OK
 3つ連なって飛ぶようになって3HITするようになったが、判定的には後ろの2つの竜巻はオマケらしい。出した後にかなりスキがあり、正直言って使わなくてもいい技。特に地上で撃つと、ビ−ム系ハイパ−コンボなどを合わせられやすいので注意。

ライトニングアタック(中P+小K) 空中OK
 小・中・大の区別がなくなった。移動方向をレバ−で8方向へ選ぶ事が可能。途中で方向を変えられる。レバーと中P+小Kを押すと3回変えられ、さらにレバ−だけで今の進路の両隣へ方向を変えることができます(レバーと中P+小Kを押し直すのにつき1回だけ)。要するに最大6回方向を変えることができます。エリアル始動技を当ててこれでしつこく追っかけてもエリアルになります。空中から回り込んで相手の後頭部を狙うなど、使いこなすと面白くなりそうです。

ダブルタイフ−ン(214P) 空中OK
 相手のいるところに竜巻を出す。ブラックハートのインフェルノに似ており、出るまでが遅いが出てしまえば自分が先に動けるので、追い打ちができそうである。SJからのダブルタイフーン→ライトニングストームは強力。基本的には空中で出した方がいい。

飛行(214KK)
 一定時間自由に空中を移動できる。飛行中は全キャラ空中ガ−ド不可。もう1回同じコマンドを入力すると下に降りられる。

ライトニングスト−ム(236PP) 空中OK
 終わりぎわにかなりスキがある。一応空中で出せば反撃は受けずらい。もし、相手が空中で出した場合もSJなどから反撃を狙った方がいい。

アイススト−ム(214PP)
 特にガ−ドされてもスキはないが、出るまでが遅くて削りか連続技にしか使えなそう。右向きで出した場合は画面の右半分を中心に降らせるので注意しよう。



スト−ム対戦攻略

 エリアルにもっていく時は、ダッシュ立ち小・中・大Kなどがやりやすい。後はJ中P(レバ−である程度制御可能)からダッシュ攻撃やライトニングアタックでのめくり、低空ダッシュ(SJからすぐレバ−+PPP)での攻撃が基本となる。エリアルは、画面端ならJ小K(J中Kなど何からでもいい)→空中投げ→ライトニングスト−ムを狙ってみよう。相手が大きいキャラの時には、登りJ小K→J大P→ライトニングアタックなどを狙うのも面白い。



スト−ム連続技

空中ダブルタイフーン→ライトニングアタックorライトニングストーム

hshmz>これもストームの基本的なコンボと言えるでしょう。ダブルタイフーンは製品版で出がかりの硬直が激しくなってしまったので、SJなどで回避してから出すのですが、ヒットしたのを確認してからライトニングストームが間に合ってしまいます。

 元々地上でダブルタイフ−ンを撃つと、ビ−ム系ハイパ−コンボや乱舞などで反応されてくらったりするので、空中にいる時に撃ったほうがいいでしょう。無論、相手が近くにいるなどの条件は必要です。

地上でダブルタイフ−ン→アイススト−ム

 素直に上記のSJからのダブルタイフーン→ライトニングストームを狙った方がいいでしょう。まあ、一応こんなのもできるよってことで。CPU戦では結構使えます。

〜小足→登りJ小K→J大P→斜め下ライトニングアタック

 相手がある程度大きくないと入れづらいです。しゃがみガ−ドを崩しつつ連続技になります。ただし、相手が立っていれば全キャラに入ります。跳び込みからもつなぐこともできます。画面端で相手がキャミィなどだとライトニングアタックからアイススト−ムなどが一応入ります。

J中P→ダッシュ小足など→立ちorしゃがみ大K→・・・

hshmz>J中Pのサンダーボルトを用いての速攻が割と安定してきますね。そこで、打ち上げにいけますので狙ってみましょう。補足的ですが、通常は立ち大Kの使用をおすすめします。判定的な面で大足が欲しい場合は別ですが、相手の体重によって打ち上げ方がばらつくので、普段は立ち大Kの癖を付けた方がよいです。

端方向に投げ→(中K→大K→SJ→J小P→J小K→J中K)→空中投げ→ライトニングストームorライトニングアタック

山本 治>エリアル投げの後、レバー上入れ大P連打とか、ライトニングストームが入ります。もし相手が空中投げの受け身をとらなかった場合大体気絶します。お手軽に、投げ→NJ空中投げ→ライトニングアタックでも気絶コンボ。

エリアルから空中投げ→飛行→レバ−上に入れっぱなしでJ大P連打

 キャミィ限定(春麗も可能かも)コンボで飛行が切れるまでJ大Pが入りますがかなり難しいです。

エリアル始動技→SJ→J中P→ライトニングアタック

 画面中央での安定エリアル。SJ後レバーは横に入れます。そして早めにJ中Pのサンダーボルトを真横に出し(ベクトルのせいで斜め上に飛んでいきます)、J頂点あたりで横ライトニングアタック。相手に当たる度に再度コマンドを入れ直し、3発きっちり当てましょう。

エリアル始動技→SJ→J大P×7ぐらい

 ストームは、ジャンプ中にレバーを上に入れておくとふんわりとゆっくり落ちてくることが可能です。これを利用した妙なコンボです。レバーは上に入れっぱなしにして、大Pを連打していればできます。たぶん、目押ししたり、空中チェーンをからめれば面白いコンボもできると思います。上記のコンボのままでは、あまりに格好悪すぎるので。なお、画面端限定です。

エリアル始動技→SJ→小P→小K→中K→大P→大K
  →レバーを上に入れたままで小K→空中投げ→ライトニングストーム
  →上記と同様に小K中K大K→小K中K大K→・・・→着地→小足→立ち中P→立ち中K→立ち大PorK

hshmz>ストームの空中姿勢制御能力を利用しました。レバーを上に入れているとゆっくり降下してくれます。ゲージが溜まっていれば上に書いたものがおすすめです。エリアル+投げ+ライトニングストームのトータルダメージを与えることができます。下のものはレバーを上に入れてゆっくり降りていけば着地までエリアルを入れ続けられると言うものです。一見派手ですが、俺は同じパターンの繰り返しが好きではないのであまりおすすめしません。ただ、ひょっとすると無限?とか思わせることができるので、相手をびびらせるには良いかもしれませんね(笑)。

 レバーを上に入れっぱなし連続技です。レバーは斜め後ろに入れぱなしにしておくとつなぎやすくなります。(小K中K大K)*αの他、(大P大K)*αでもOKです。



  • X-MEN vs. STREET FIGHTER Home pageに戻る

    nagasima@turtle.pse.che.tohoku.ac.jp