セイバ−トゥ−ス 攻略

2月7日更新



地上:2 空中:6 エリアル:6

エリアル始動技:しゃがみ大P、立ち大P2段目

三角跳び可能

Vカウン:バーサーカークロー
Vコンビ:バーサーカークローX



必殺技

バ−サ−カ−クロ−(236P)
 突進技だがガ−ドされるとスキがある。いっそのこと大で出して突き抜けてしまった方が反撃はされにくい。ゲ−ジがたまってない時の反撃技に。

ワイルドファング(63214P)
 ガード・受け身共に可能。相手がしゃがみガードしているとスカる。この技に反撃する時は、スカるとあまりスキはないので、立ちガ−ドして跳ねたところに反撃するといい。逆に、相手がしゃがみガ−ドしているようならいきなり投げるという手もある。小・中・大で順にジャンプする距離が長くなる。一応飛び道具を先読み気味に出せば硬直に入るが、無理して使っていかなくてもいい技かも。

ア−ムドバ−ディ−(63214K)
 出るまでが遅くて使いづらいが、出てしまえばすぐ動けるので工夫次第では使えそうなのだが、あまりに出が遅いしリスクも大きい。さらに削りも全くない。本当に時々キャンセルで出すと相手が驚くかも、というぐらいの技。

バーサーカークローX(236PP)
 空中投げの後の相手がバウンドしたところに当てれば連続技になり強力。反撃技としてもいい。

ウェポンXダッシュ(623PP)
 相手がしゃがみガードしているとスカる。画面端へ向かって決めたときに相手がダウン回避をとらなければ追い打ち可能で、しゃがみ小K→しゃがみ大P→エリアルなどが入る。再度ウェポンXダッシュは人としてやってはいけない行為。



隠し技

ヘビ−ア−ムドバ−ディ−(63214KK)
 この技も出があまりに遅く、さらにまったく削らない。一応当たればバーサーカークローXなどが連続でつながって格好良いのだが...。ちなみに、対アポカリプスでは非常に使える技。



対戦攻略

 跳びこみはJ大P→J大Kがいい。もしくは、J大P・J大K単体でもいい。地上ではいきなりしゃがみ大Pか小足→しゃがみ大Pでエリアルに持っていく。是非エリアル投げを使えるようになろう。相手に投げ抜けされないかぎり全部エリアル投げでいい。J中Kから投げづらければ、J中Pから中P投げがいいだろう。さらに空中投げからバ−サ−カ−クロ−Xがつながり強力。跳びまわっているだけでも結構強い。使うこともないと思うが、立ち大P2段目からエリアルをする時は早めにレバ−を上に入れよう。




連続技

P投げ→小足→しゃがみ大P→エリアル
   →立ち小P→立ち大K→バーサーカークローX

 自分が画面端の方にいるときに相手を投げると、後ろ(画面端)の方へ投げるのでそこを追い打ちしてエリアルにする。相手は逆のダウン回避状態になるため、相手がダウン回避を失敗する可能性があるが、ダウン回避されたら逃げられる(詳しくはシステムを参照)。
 下の方はダウン回避で逃げられないので非常に実戦的そうだが、実際には安定して当てる事が難しい。そもそも、どちらにバーサーカークローXを出せばいいか分からない事が多い。立ち小Pは空中の相手に当てる。

ワイルドファングorウェポンXダッシュ→小足→しゃがみ大P→エリアル

 相手が画面端にいるときに決められる。ダウン回避されると逃げられる。

〜しゃがみ大P→SJ→J小P→J小K→J中P→空中投げ→バ−サ−カ−クロ−X

 バ−サ−カ−クロ−Xは空中投げでバウンドしているところにタイミングよく決める。なお、画面端ならウェポンXダッシュも入れることが可能。軽いキャラには、小P→小Kもしくは、小P→小K→中P→中Kから空中投げを狙うといい。



  • X-MEN vs. STREET FIGHTER Home pageに戻る

    nagasima@turtle.pse.che.tohoku.ac.jp