リュウ 攻略

6月4日更新



地上:6 空中:6 エリアル:6

エリアル始動技:しゃがみ大P

Vカウン:波動拳
Vコンビ:真空波動拳



必殺技

波動拳(236P) 空中OK
 見かけも判定も大きくなった。ちなみに、空中波動拳は水平に打ち出す。

昇竜拳(623P)

竜巻旋風脚(214K) 空中OK

真空波動拳(236PP) 空中OK
 サイクロップスのメガオプティックブラストを少し細くしたようなビーム状のものに変更された。反撃、削り用。

真空竜巻旋風脚(214KK)
 大足からもダウン回避されなければ当たる。キャラによってはガ−ドされるとアドバンシングガ−ド後に反撃をくらう。



対戦攻略

リュウ・ケン・豪鬼 共通攻略
 エリアル始動技のしゃがみ大Pのリ−チが短いので、ダッシュ小足→しゃがみ大Pからエリアルにもっていくといい。なお、J中KとJ大Kはレバ−上入れで今までの垂直J攻撃が出る。エリアルから空中投げやキャンセル必殺技を狙う場合はレバ−上入れの中Kからがいいだろう。空中竜巻はZEROのものと同じで、足が後ろにきた時も判定がある。 よって、この技でめくることも可能である。なお、画面端の相手に空中竜巻が当たった時は、直接しゃがみ大Pが当たりエリアルにもっていける。

 エリアルは、理想的にはSJ→J小P→J小K→J中P(1段目をキャンセル)→J中K(レバ−上入れ)→P空中投げ→真空波動拳がいい。J中Pは2段目まで当てると次につながらなくなる。面倒臭ければ、J中Pを省いてもいいだろう。エリアル投げが難しければ、J中K(レバ−上入れ)から直接真空波動拳でもいいだろう。




連続技

ダッシュ小足→しゃがみ中P→レバー入れ中K→しゃがみ大P→SJ→エリアル

 新しいバ−ジョンではできません。ポイントとなるのは、しゃがみ中P→レバー入れ中K→しゃがみ大Pが連続技ということでしょう。レバ−入れ中Kからは小足などもつながり、さらなるコンボも可能。無限段に移行はしないように。

〜しゃがみ大P→SJ→小P→小K→レバー上中K→空中投げ
  →真空波動拳
  →着地→(小足→しゃがみ大P)→NJ空中投げ→しゃがみ中P→真空竜巻

 前者は空中投げは入れなくてもつながる。リュウの基本エリアル。低空で空中投げが決まるとしゃがみ中P→真空竜巻が間に合ったりしますがキャラ限定かも。

〜SJ→小P→小K→レバ−上中K
  →大竜巻旋風脚→着地追い打ち
  →レバ−上大K→レバ−上大K→着地追い打ち

 リュウで着地追い打ちにいきたい時のエリアル。下の連続技はケン・豪鬼でも可能。着地追い打ちにいかず、NJからのエリアルを決めることもできる。

相手が画面端でのエリアルダウンへ小足から
  しゃがみ大P→NJ→空中投げ→真空波動拳
  中P→中K(2段)→大P→大K→投げ
  しゃがみ中P→NJエリアル
  レバ−入れ中K→J小P→NJエリアル

 着地追い打ち例です。上の2つは一応投げもヒット数につながるはずです。
 3番目のは、greth>「はっきり言ってしまえばサイクロップスで、エリアルダウン→小足→屈中P→NJエリアルっていうのがあったんでリュウでやってみただけです。」だそうです。NJエリアルにいくところが少々難しい。4番目は、greth>「はっきり言ってこのコンボ私にとってはムズイです。成功率が・・・・・・。」とのことです。私はうまくできませんでした。



  • X-MEN vs. STREET FIGHTER Home pageに戻る

    nagasima@turtle.pse.che.tohoku.ac.jp