初心者からのエリアルレイヴ

1月6日更新




 マーヴルスーパーヒーローズをやったことがなく、このゲ−ムを初めてやった人から「エリアルレイヴが難しい」「うまく出来ないからやめた」と言う意見をよく聞きます。ここでは、初心者の大半がつまづくと言われる「エリアルレイヴ」について分かりやすく書いてみました。今まであきらめていた人も、是非ともチャレンジしてみてください。大体の人が、ちょっとしたコツを知らないだけだと思います。

 分かりやすさを優先して書いたために、厳密には少し定義などが違うところがありますが気にしないでください。



エリアルレイヴって何?

 エリアルレイヴと言うのは簡単に言えば空中コンボのことです(海外ではAIR COMBOと言うらしいし)。何か空中でボコボコ殴っているのがエリアルレイヴです。



エリアルってどうやればできるの?

 このゲームはエリアル始動技という通常技を全てのキャラが持っています。これを当てた時に、相手は空高く吹っ飛んでいきます。その時にレバーを上に入れると自分もスーパージャンプ(上に吹っ飛んでいくジャンプ)します。そしてボコボコ殴ってやれば、エリアルレイヴの完成というわけです。



まずはエリアル始動技をおぼえよう

 全てのキャラにエリアル始動技があるのですが、キャラによっては2つ以上持っているキャラもいます。そこで、私が推薦する使いやすいエリアル始動技を選んでおきました。まずは、自分の使うキャラを見てエリアル始動技を覚えてしまいましょう。

サイクロップス:立ち中パンチ
ストーム:立ち大キック ウルヴァリン:立ち大キック
ローグ:立ち大キック
ガンビット:しゃがみ大パンチ
セイバートゥース:しゃがみ大パンチ
ジャガーノート:しゃがみ大パンチ
マグニートー:しゃがみ大パンチ
リュウ:しゃがみ大パンチ
ケン:しゃがみ大パンチ
春麗:立ち大キック
ゴウキ:しゃがみ大パンチ
ダルシム:近距離立ち中パンチ
ザンギエフ:しゃがみ中パンチ
ナッシュ:しゃがみ大パンチ
キャミィ:近距離立ち大キック
ベガ:立ち大パンチ



エリアル始動技が当たったら?

 いよいよエリアル始動技を当てた後はレバーを上に入れるとスーパージャンプするのですが、ここで注意することがあります。このレバーを上に入れるタイミングは意外と早く入れなくてはなりません。実際には当たったのを見てから確認というよりもエリアル始動技を出したらすぐレバーを上に入れる癖をつけましょう。もし、エリアル始動技がガードされた場合はスーパージャンプは出ません(通常技をガードさせてのキャンセルスーパージャンプは出ないため)。エリアルが出来ない人の多くは、相手が浮いたのを見てからジャンプしているために失敗している事が多いようです。



スーパージャンプしたらどうするの?

 さて、スーパージャンプをしたら相手を殴るわけですが、適当にボタンを押してもいけません。このゲームでは、スーパージャンプ中に通常技から通常技へとつなぐことが出来ますが、一定の法則にしたがっています。これはキャラによって2種類あります。なお、このつなぎは通常技が当たった時のみ出来ることに注意してください(ガードされるとキャンセル出来ない)。

3個押しチェーン(ザンギエフ・ベガ)
 これは、小→中→大の流れで通常技がつながるということです。別に、パンチとキックがごちゃまぜになってもかまいません。よって、小P→中P→大Pや、小K→中K→大Pなどができます。

6個押しチェーン(ザンギエフ・ベガ以外の全キャラ)
 これは、小P→小K→中P→中K→大P→大Kの流れで通常技がつながります。なお、途中で技をとばしたり、小Pからはじめる必要もありません。6個押しといっても最後の大P→大Kはつながらなくなるキャラが結構います。例えば、小K→中P→中K→大Kという風にできます。



実際に空中で殴ろう

 ここで、上記のような法則にしたがって空中で殴ってみるわけですが、注意することがあります。それは、スーパージャンプしてすぐにボタンを連打したりしないということです。例えば、小P→小K・・・という流れでつないでいくとします。ここで、小Pを早く出しすぎると相手に当たらずにスカって小Kも出なくなってしまいます。ある程度の高さまできてから押すようにしましょう。なお、空中でのチェーンは結構遅めでも大丈夫です。どのぐらいかと言うと、人差し指でポン、ポン、と押しても大丈夫なぐらいです。詳しいタイミングはキャラ別に紹介します。



各キャラ別にポイントをおさえよう

 実際に各キャラ別に最も簡単と思われるエリアルを書いてみます。もともとエリアルを決めるのが難しいキャラもいるので、難易度もつけてみました。大体、CPU戦でどのぐらい決めやすいか、というのを基準にしています。参考にしてみてください。なお、難しくなるのを避けるために、通常技のみで構成してみました。

サイクロップス(簡単)

立ち中P→SJ→小P→小K→中P→中K→大P→大K
 最後の大P→大Kは少し早めの入力が必要な他は、早めでも遅めでもつながりやすい。エリアル始動技の立ち中Pのリーチも長く、かなりやりやすい方に入る。注意が必要なのは、レバーを下に入れると違う技が出てしまうこと。SJしたらレバーにさわらない方がいいかも。

ウルヴァリン(普通)

(しゃがみ中P)→立ち大K→SJ→小P→小K→中P→中K→大P→大K
 最初の立ち大Kは対空としてなら強いが、普段は当てづらい。しかし、しゃがみ中Pを当てると相手を引き寄せるために次の立ち大Kがかなり当てやすくなる。レバー下中Kで違う技が出るので注意。

ストーム(激ムズ)

 ストームは変則的なエリアルしかないので、残念ながらここに書けるようなものはない。一応、立ち大K→SJ→小K→大Pなどが入るが画面端以外ではまともなものはないだろう。画面端なら、中Pを除いた→立ち大K→SJ→小P→小K→中K→大P→大Kなどが入る。

ローグ(普通)

立ち大K→SJ→小P→小K→中P→中K→大P
 立ち大Kの後はかなり早くレバーを上に入れなくてはならないので、うまくいかないならしゃがみ大Pからにしてみよう。

ガンビット(難しい)

しゃがみ大P→SJ→(小P)→小K→中P→中K→大P
 しゃがみ大Pのリーチが短く、ダッシュ小足→しゃがみ大Pとでもしないとなかなか当たらないのがつらいところ。J小Pは当てづらいので省略してもいいかも。SJしたら、少し遅めに小Kを入れよう。

セイバートゥース(簡単)

しゃがみ大P→SJ→小P→小K→中P→中K→大P→大K
 注意するところは何もないほど簡単。いくぶん早めにつないでいった方がいい。

ジャガーノート(簡単)

しゃがみ大P→SJ→小P→小K→中P→中K→大P
 結構早めにつないでいくことに注意すれば簡単。

マグニートー(簡単)

しゃがみ大P→SJ→小P→小K→中P→中K→大P
 いくぶん早めにつないでいった方がいい。ハイパーグラビテーションが当たって引き寄せられて来た時に、しゃがみ大P→エリアルとすれば落ち着いて入力できるのでやりやすい。

リュウ(普通)

しゃがみ大P→SJ→小P→小K→レバー上入れ中K→大P
 中Pを省くのは、中Pが2ヒットすると次につながらないため(1ヒットでキャンセルすればつながる)。中Kはレバー上入れにしないとそこで終わってしまう。SJしてからレバーをずっと上に入れておくといいだろう。

ケン・豪鬼(普通)

しゃがみ大P→SJ→小P→小K→中P→中K→大P
 しゃがみ大Pが当たりづらいのさえ除けば簡単。

春麗(難しい)

立ち大K→SJ→小P→小K→中P→中K→大P
 立ち大Kのリーチが短いので、ダッシュ立ち小K→立ち大Kとしたほうがいいかも。

ナッシュ(難しい)

しゃがみ大P→SJ→小P→小K→中P→中K→大P
 SJしてからのつなぎは遅めにしないとつながらない(相手を飛び越してしまう)。

キャミィ(難しい)

(ダッシュ小K)→近距離立ち大K→SJ→小P→小K→中P→大P→大K
 何と言っても、近距離立ち大Kを当てるのが難しい。ダッシュ小K→近距離立ち大Kと当てていかないと難しいだろう。空中でのつなぎは中Kを省くと決めやすい。

ダルシム(激ムズ)

 はっきり言うと、エリアル始動技の近距離立ち中Pがまず当たりません。残念ですが、ダルシムでのエリアルは考えない方がいいでしょう。

ザンギエフ(簡単)

しゃがみ中P→SJ→小K→中K→大K
 ボディプレス(J下大P)→しゃがみ中Pと跳びまわっていれば、かなり当たりやすいです。中Kはレバーを下に入れていると別の技(ヒザ)が出ます。なお、SJ後にJ小P→J中Pはつながりづらいので、全部キックでいくのがいいと思います。

ベガ(普通)

立ち大P→SJ→小K→中K→大K
 立ち大Pのリーチが短いので、ダッシュ立ち小K→立ち大Pとしたほうがいいかも。ザンギエフと違って、パンチでもキックでも大体つながりやすい。



最後のまとめ

 エリアルレイヴのコツとしては、まずエリアル始動技を出したらレバーをすぐ上に入れること。次に、SJしたらボタンを適当に連打しないでタイミングよく押していくことがあげられます。とにかく、落ち着いてやってみましょう。どうしても出来ない時は、エリアルが簡単なキャラでやってみるのも1つの手です。それでは、1人でも多くの人がエリアルレイヴが出来るようになることを祈って...。質問なども待ってます。



  • X-MEN vs. STREET FIGHTER Home pageに戻る

    nagasima@turtle.pse.che.tohoku.ac.jp